河川管理や土砂災害のリスク管理などを効率化するため大阪で測量の仕事を受注します

お問い合わせはこちら

大阪の測量・株式会社セキ測量調査のお客様の声

河川や斜面管理を効率化するため大阪より測量を実施 

大阪の測量・株式会社セキ測量調査のお客様の声

河川は経年によって地形や植物の分布範囲も刻々と変化し、日本に多数ある斜面は土砂災害の危険性がないか不安もございます。このような河川・斜面の管理をより効率的にするための測量データのデジタル化を大阪で進め、管理しやすくなるようお支えいたします。
台風時には河川や土砂は大変危険なものに変化いたします。だからこそ変化する地形を客観的な数値として、定期的に更新することが求められます。地形測定のプロフェッショナルにお任せいただくことで、近隣地域の安全を守れるよう全力を尽くします。


河川管理を効率よくするために大阪で河川測量を承ります 

河川は常時水が流れているため、他の土地よりも形状変化がより活発な傾向が見られます。川の側面が削られて形が変化したり、植物の分布も変化したり、水嵩によって見た目は変化するでしょう。この際、計測した水準点を基準にして、大雨時に氾濫や洪水のリスクなどを、しっかり見積もっておくことが大切です。
そして日頃から氾濫しないよう適切に管理することも必要であるため、測定調査はプロフェッショナルにお任せください。客観的な数医としてのデータや、測定専用のCADで作成した河川の3Dモデルもお渡しし、細部に至るまで前回の測定からどのように変化したのか、一目瞭然です。平面の図面にはない3Dモデルでの河川管理を行うことで、氾濫・洪水のリスクを大幅な軽減に繋げられる可能性も大いに見込まれます。そして何より、デジタルデータとして納品することで、河川管理の業務内容が非常に効率的になり、人件費の削減も見込まれます。

台風・大雨時の災害を大阪よりお守りするための測量業務を 

土砂災害は日本でも懸念されることの一つであり、特に南側での大雨の被害がやや多い傾向も見られることもあって、事前にそのリスクを客観的に見極めた上での対策が必要となっております。この斜面の測定調査を承ることで、お客様に土砂災害のリスクについて、客観的な数値・図面・3D化などでお伝えいたします。
その結果次第では、近隣住民の方々にしっかりリスクを伝達したり、場合によっては引越しをサポートする必要性が発生したりすることもあるかもしれません。しかしながら、お金は自分達の命には変えられるものではなく、ましてあの世に持っていくこともできません。異常気象が日常的であると気象予報士の間の共通認識にもなっている昨今、どんな大雨や台風が突然来襲したとしても、適切に対処できる体制を整えることも必要になってまいります。その一環で、計測業務のプロフェッショナルとしてサポートできるよう、尽力いたします。

アイ・コンストラクションが進む大阪で測量もデジタル化へ 

建設業界の問題の一つとして、労働人口の高齢化が挙げられます。直にかなりの割合の建設業界を支えて来てくださった方々が定年を迎え、残った若い世代で右肩上がりの建設需要を賄っていかなくてはなりません。市場が成長していることは経済成長が全体的に停滞気味の日本においてとてもありがたいものですが、供給量が追いつかなくては元も子もありません。
この点の打開策の一つとして、i-Construction(アイ・コンストラクション)という国土交通省が企画した20個の生産性革命プロジェクトの一つに、大阪でも注目が集まっています。これは建築業界の作業にICTを導入してある程度の自動化を進めることによって、少ない人数で大きい生産性を維持できるようにする取り組みです。その一つが測量のデジタルデータ化であり、電子データで管理と編集が容易になる上に、図面の3D化によって施工計画も大変スムーズに進むようになってまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。