地形・土地の測量を大阪で受注することで新築工事や土地の登記・相続などを支える

お問い合わせはこちら

大阪の測量・株式会社セキ測量調査の評判

新築施工・土地の登記時の測量を大阪及び日本全国へ 

大阪の測量・株式会社セキ測量調査の評判

建物を新しく建てていくとき、事前の地形の測量は必須事項であり、また道路工事や近隣との境界線においての正確な面積の計算もまた必須事項です。これらの測定を大阪にて受注しており、建築や土地の登記を縁の下から支えてまいります。
新しく作り上げた建物を多くの方が安心して暮らせるように、そして相続した土地の境界線をはっきりさせ、道路工事において住民にご理解をいただけるように、客観的な数値の測定をプロが担当いたします。


あらゆる新築時に必要不可欠な地形測量を大阪を拠点に実施 

土地の傾斜角度はどのくらいか、地下に水脈があるか否か、地盤が緩くはないか、土砂崩れや洪水などのリスクはないかなど、このような新しく建物を建築するにおいてはその土地の調査が必要不可欠です。戸建て住宅はもちろん、あらゆる方々が利用される公共施設も、公共インフラも、全て計測結果をもとに無駄のない効率的な施工計画が求められます。
特に近年は昭和の東京オリンピックを機に観光客や選手団の方々のために、一気に道路や橋をはじめとする公共インフラが整備された歴史があります。一斉に建設されたということは、寿命を迎えるのもまた一斉であることを意味しており、今がまさにその時代なのです。しかしながら、当時とは違って財源が乏しい時代であるため、無駄な支出を抑えるためにも、しっかりと事前の測定調査のご依頼が大切です。公共インフラのメンテナンス工事に限らす、個人様のマイホーム新築時等、地形測定のご依頼を歓迎いたします。

近隣住民とのトラブル回避にもなる要地測量を大阪で対応 

土地の境界線は書面として残っているものはともかく、人の記憶としては曖昧になってしまうケースも多々ございます。特に、土地の所有者が世代交代をして、息子・娘に移ったとき等は境界線がはっきりせずに近隣住民とトラブルになることも想定されます。
何より、その土地を売却する際にも正確な面積を弾き出す必要もあるでしょう。このような事態を防ぐために土地の計測を承ることで、円満な人間関係や土地の売却を支えてまいります。このように土地の所有者を自分の子どもに移すことを検討している方々は、土地の境界線・面積の認識を改めて確認して正確に子どもに伝えることが大切です。自分の土地を所有しているが故に、子どもも近隣住民の方々も、仲違いしたからといって簡単に引越しができるものでもございません。孫子の代まで大切に土地と家を守っていただけるように、事前の計測のご依頼もお待ちしております。

拠点の大阪で土地の面積を測量して登記したい方にも対応 

日本では土地のあらゆる情報は法務局にて登録・管理しており、この情報があるからこそ土地の所有者や面積の計算、そして固定資産税の正確な計算が実現できているのです。この登録上の土地の面積を「公簿面積」というのですが、これが時に正確でないケースがあるのです。この面積が正確にわからないと様々な場面で支障をきたすことになり、その一例が道路工事です。
道路のような公共インフラの施工は、時に土地を所有している方に、土地の一部又は全部を国に譲っていただく交渉が必要になることもございます。この際、登記上で正確な施工計画を立てられず、四苦八苦してしまうでしょう。土地の所有者も事情がない限りは自分の土地を手放したいとは思わないケースが大半です。よりスムーズに住民に理解を得ていただき、効率的な公共インフラ工事を進めていけるよう、大阪で土地の確定測量を承ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。